妻が無関心なので風俗へ

自分ファーストでいいんですよ

自分ファースト。それが自分の風俗のテーマです。好きな風俗嬢や、お気に入りが出来るとついつい相手のためにって気持ちを持つようになってしまいがちですが、そういった気持ちで遊んでいる人を否定する気はありません。ちょっとした恋愛感覚と言うか、プレイそのものだけではなく、「会う」ということまで含めて楽しめるのも風俗の魅力なんだろうなと思いますし。ただ、自分はそういった気持ちはあまりないんです。ただ単に自分だけで遊べればそれで十分なんじゃないかなって思うんですよね。あんまり深く考える必要はないというか、あくまでも自分がどう楽しみたいのかってことだけを考えるようにしているので、相手の風俗嬢が喜ぶだろうなとか、お店のスタッフに良い顔が出来るなとか、プレイ以外のことは何も考えないようにしています。あまり気を使いすぎても仕方ないですしね。自分が楽しみたいように楽しむ。これこそが最も大切なことなんじゃないかなって。

金髪ピンサロ嬢の妙技

この前のピンサロ嬢は金髪でした。風俗では金髪の子は珍しくありませんけど、自分はどちらかと言えば濃い髪の毛の風俗嬢の方が好きなんですよ。かといって黒はちょっと野暮ったいので、軽く茶色いくらいの風俗嬢がベストかなって。だからこの前のピンサロの金髪嬢は理想って訳じゃないんですけど、あれだけ可愛いなら何色でも関係ないのかなって(笑)むしろあの金髪の子が自分に奉仕してくれる時のシルエットがとっても新鮮だったんですよ。金髪風俗嬢を選ぶことってあんまりないんですよね。だから金髪の子が奉仕してくれているという現実に、自分自身かなり興奮出来ました。むしろその興奮によって、かなり短時間で発射してしまいましたね(笑)金髪にもいろんなタイプがあると思うんですけど、彼女は染めたばかりなのか、プリンにもなっていないですし、髪の毛そのものもとっても綺麗だったんですよね。だからこそ、彼女との時間はとっても貴重なものだったなって。