妻が無関心なので風俗へ

限られた中で楽しむからこそ

風俗はお金にせよ時間にせよ、さらに言えば自分の性欲だとかいろいろと限られている中で楽しむものだからこそ、失敗したくないってことでいろいろと考えるものなんですよね。これはとっても大切なことだと思うんですよ。どれも無駄にはしたくないじゃないですか。遊ぶなら全力で遊びたいし、それに後悔もしたくないんです。だから、風俗嬢選びばかりに力を入れてしまいがちなんですけど、実際にはそうじゃないんですよね。相手の女の子よりも、まずは自分自身。それが大切なんだなってことに気付かされるようになりました。なぜなら、風俗では自分の気持ちが何よりも左右するじゃないですか。限られた中で楽しむ以上、失敗したくないと思うのは当たり前なんです。その当たり前のために誰もが頑張っていると言っても過言ではないんですよ。時間、性欲、お金…。いろいろなものを消費して「満足」を目指す以上、それらは決して無駄には出来ないものなんじゃないかなって。

選ぶ楽しさは自分が答え

風俗はホームページやポータルサイトの充実ぶりのおかげで、どの風俗で遊ぶのか。どの女の子にするのか。そういったことまで考えることが大切になってきましたよね。何でも良いという気持ちじゃなくて、自分は何が良いのかや、どういった風俗との相性が良いのか。それらもまた、しっかりと考慮しなければならないなと考えている一方、あまりにも理屈だけに溺れてしまうのもそれはそれで問題と言うか、本能で楽しむものでもあるので、あんまり堅苦しいことを考えるのもそれはそれで勿体ないんじゃないのかなって思うようになったんですよね。だからそうじゃなくて、自分の好きなように楽しむくらいで丁度良いんじゃないのかなって思いますし、風俗で遊ぶのであればその匙加減を自分なりに考えるようにしています。むしろそのバランスを見つけることこそが、風俗をより楽しむための鍵になってくるんじゃないのかなって思うので、そこもある意味では楽しんでいます。