妻が無関心なので風俗へ

大袈裟じゃなく、風俗です

風俗は大袈裟じゃなく、自分にとって生きがいのようなものです。生きがいなんて独身で恋人もいな自分には見当たらいません。じゃあどうするのかってなった時、やっぱり風俗かなって。むしろ風俗があるからこそ頑張っている自分がいるのも一つの事実ではあるんですよね。それらを踏まえて考えると、風俗が生きがいだという言葉も決して大袈裟ではないと自分では思っているんですよ。それに、風俗のことを調べているのも楽しいんですよね(笑)ホームページを見ているだけでも楽しいですし、実際に遊ぶかどうかを抜きにしても、見ているだけでもそれはそれでとっても楽しいものなんですよね。だから生きがいと言っても決して大袈裟ではないなって自分でも確信があるんですよ(笑)ホームページ、ポータルサイト。これらをチェックするだけでも面白いものじゃないですか(笑)見ているとついつい気分が盛り上がってきてしまうようなシチュエーションもありますしね。

ソープ嬢の評価は腰使い

風俗の中で何よりも好きなのはソープです。ソープ以外の風俗で遊ぶことの方が少ないのは、今時の風俗マニアからすれば少数派かもしれないんですけど、ソープが一番男としての欲求を満たせるじゃないですか。だからソープで遊ぶことが多いんですけど、ソープ嬢の評価の対象はやっぱり腰使いですね。腰使いにこそ、ソープ嬢としてのセンスが出る部分かなって思いますね。他の風俗では素股が限界ですけど、ソープではそれ以上のものが楽しめるというか、腰使いがダイレクトに快感に直結しますよね。特に上手だなというか、男を分かっているなって思うのは上下運動じゃなく、前後運動でこちらを攻める子ですね。前後運動の方が男は気持ち良いんです。でも、ビジュアル的には上下運動も悪くはないんですよね。だから上下運動で興奮させつつ、前後運動でしっかりと仕留めてくれるようなソープ嬢こそ理想ですが、今時のソープ嬢は皆とっても上手なので、心配無用なんです(笑)