妻が無関心なので風俗へ

女の子のスキルよりも…

風俗では女の子が何をしてくれるのかよりも、とある部分に注目しているんです。むしろそこだけですね。そこを満たしていれば、自分は勝手に興奮するものなんです。それはアンダーヘアです。パイパンかどうかじゃなくて、むしろその逆です。今では風俗でもパイパン嬢は珍しくないじゃないですか。だからこそ、ナチュラルなアンダーヘアに対しての思いが募るようになったんですよ(笑)ナチュラルなアンダーヘアの風俗嬢の方が確実に少ないと思うんですよ。パイパンじゃないけど、でも処理くらいはしているって女の子の方が圧倒的に多いので、ナチュラルな風俗嬢の方が稀な分、たまにですけど見かけるとテンションが上がるんです(笑)それこそ一気にモチベーションが高まるんですよ。それくらい自分の中で、パイパンというのは大きなことでもあるんです。パイパンだと綺麗だとは思いますけど色気がないような気がするんです。それよりは、ナチュラルな方が面白いですしね。

無理をさせた訳じゃないんです

決して無理をさせた訳じゃないし、リクエストした訳でもないんですけど、この前遊んだ風俗嬢は自らかなり奥まで咥えてくれたんですよ。だから彼女自身、涙目になっていましたし、結構苦しそうでした。こちらとしても無理しなくて良いよと伝えていたんですけど、それでも彼女はそれを辞めないんです。ここまで奥まで咥えてくれる風俗嬢はあまり記憶にないですね。別にそれが快感って訳ではないんですよね。快感というか、自分のためにそこまでしてくれているということで男としての自尊心が満たされるかなって思うんですよ。あれだけ美人な風俗嬢が自分に一生懸命尽くしてよだれも物凄いことになっているって思ったら、やっぱりそれだけでこっちだって興奮するものじゃないですか。だから奥まで咥えてくれるのは、快感じゃなくて自尊心を刺激してくれる行為なんだなってことに気付かされましたし、それが更なる興奮を生み出すものなんだなってことも理解出来ましたよね。