妻が無関心なので風俗へ

分刻みの仕事だからこそ

分刻みの仕事をしています。それだけ忙しいというか、時間厳守って意味ですね(笑)データの保守なんですよ。だから時間をしっかりと把握していなければならないんです。例えば一時間に一度チェックするってなった時は、前のチェックから60分後という意味であって、一時間であればどの時間帯でも良いってことじゃないです。正直、あまり几帳面ではない自分にとってはかなり息苦しい仕事だなって(苦笑)息抜きしないと、はっきり言ってストレスしか堪らない仕事なので、風俗に行って思い切り発散するよう心掛けています。そんなことを常日頃からしていたら、女の子以外に発散する方法なんて思い浮かびません(苦笑)それに、風俗はそんな細かいことを考える必要がないじゃないですか。本能のままに、自分が思った通りに風俗で遊べばそれだけでいいんです。そういったことを考えると、やっぱり風俗で遊ぶのがある意味では一番適しているんじゃないかなって思いますし。

風俗、そしてツーリング

風俗で遊ぶ時って、ツーリングの時が多いです(笑)ツーリングと言ってもそこまで本格的なものではなくて、ちょっとバイクで長距離走るくらいですね。ライダースーツに身を包んでとかじゃなくて、ちょっと冒険する。そのくらいのものですよ。だから、他のお店にも手軽に入っちゃえますし、それこそ風俗で抜いてもらうんですよ(笑)きっと本格的なライダースーツとかジャケットだと、さすがに風俗でって気持ちが薄まってしまうと思うんですよ。脱ぐのも面倒でしょうし、気持ちが途切れるとツーリングそのものにも影響が出るんじゃないかなとかいろいろと思うんですよね。でも軽いものなので、それこそ途中のホテルに寄ってデリヘル嬢を呼んだり風俗店を見かけたらふと入ってみたり。こうして柔軟に楽しめるのもまた、軽いツーリングの魅力なんじゃないのかなって思いますね。むしろそのくらいでいいんです。そのくらいの方が、自分自身のペースで楽しめますし。